お知らせヘルプ
toreta+ チャージ

チャージする金額を選択してください

ちょコムクレジット支払いでちょコムeマネーのチャージを行い、ちょコムeマネーからtoreta+ にチャージを実行します。
VISA、MasterCardのクレジット決済は、NTTスマートトレード社が提供する安心・安全なちょコムクレジット支払いを採用しております。ちょコムクレジット支払いとは、クレジットを利用した簡単電子マネー決済です。
カード会社のご利用明細書には「ちょコム-DMM」と記載されます。

チャージ中・・・

通信に失敗しました
しばらく待ってから再度お試しください。

チャージが完了しました

【優勝者を当ててtoreta+をもらおう】 高松宮記念杯競輪「第7回車券バトル」3日目

2021/06/19 11:00

DMM競輪編集部

キャンペーン

share

穴党VS本命党?
7Rと11Rにて直接対決が勃発!

車券バトルのルール・参加者プロフィールはこちら → 特設ページ

優勝者予想キャンペーンエントリーはこちら応募ページ








<寸評>

今日は7R。
どのラインが先行しても3番手がある、単騎の⑦成田を狙います。

⑦成田を軸に①鈴木との折返しが本線。③北津留ラインは先行した時のことを考え、⑨坂本とも折り返します。

あとは②寺崎マークの⑤村上とも折り返しますが、この時は③北津留が捲り。
連係実績から③北津留不発での⑨坂本の突っ込みはなさそうなので、⑨坂本は3着候補からも外して絞ります。

出走表・投票はこちら → 岸和田3日目7R








<寸評>

初日、2日目とかすりもせず。
準決勝よりもこのレースで、決勝の軍資金を積み立てしたい。

積極的な自力型揃っての細切れ戦。
山口の番手で二次予選敗退に終わった②浅井康太。フラストレーションも溜まっているはず。
相性抜群、安心感ある⑦皿屋の番手から鬱憤晴らし。

差し目のワンツーから、相手ラインの番手勢へ流して狙いたい。

出走表・投票はこちら → 岸和田3日目6R








<寸評>

昨日は絶対に当たるでしょうと思えるぐらい堅いレースだと思っていたのですが…"絶対"はないですね…。
そろそろ的中させたいところです! でも勝負なのでここはめげずに3連単!

準決勝は2着権利という狭き門。なので決勝戦に進みそうな選手を中心に考えました。

本命は①古性選手。
⑨清水選手とは2日間対戦しているのですが、特に初日に小倉選手のブロックに何度もあったにも関わらず、番手から出た⑨清水選手の外を並走。
直線こそ踏み負けはしましたが、強いレース内容に地元戦での気迫を感じました。
仕上がりはばっちりだと思うので、展開不問で古性選手の1着2着を狙います。

あとは力上位の⑨清水選手。
そしてなんといっても単騎の⑤山口選手、⑥三谷選手の存在も怖いところ。
一発捲り追い込みも考えて紐候補です。

出走表・投票はこちら → 岸和田3日目11R








<寸評>

初日ほどではありませんでしたが、2日目も私の推奨した9Rは波乱の決着。
東口選手に注目しながら、なんで穴狙いの2車単を買わなかったかなぁ……。

これで車券バトルでは10レース連続的中なし。
それでも守りには入らず、攻めの姿勢で行きます!

今日の推奨レースは11Rの西日本準決勝です。

本命には単騎の⑥三谷選手を大抜擢します。
初日2日目と連続1着の調子の良さもさる事ながら、高松宮記念杯に懸ける想いの強さが違います!

今は持ち回り開催ですが、2010年まで毎年開催されていた大津びわこ競輪場は⑥三谷選手の元ホームバンク。
廃止に伴って奈良支部へ移籍した今も「地元の歴史が刻まれたGⅠ」として、いつも以上に気合いが入る大会なのです。

①古性選手と別線を選んだのも、なりふり構わず決勝の切符を勝ち取りに行く決意の表れではないかと。
逃げラインの番手切り込みも辞さずの構えで、2着までに食い込むと見ました。

対抗には、好位置確保から突っ込んでくる①古性選手を。
同地区だけに③三谷選手と序盤からやり合う可能性も低く、終盤まで脚を残しておけそうなのも好材料です。

ヒモ候補には、まず①古性選手の番手④南選手。
そして⑥三谷選手が中四国ラインに切り込んだ場合に、楽に逃げられそうな⑨清水選手。
あとは無欲で駆けた時の一発が怖い⑤山口選手を。

このあたりを中心に、3連単&2車単で勝負します!

出走表・投票はこちら → 岸和田3日目11R








<寸評>

初日、2日目と見ていましたが、天候が影響したのか、決まり手の傾向に違いがあったように思います。
3日目も雨が降るようなので、2日目と近い感じになるのでしょうか。

6車立ての1〜2Rに逃げようかとも一瞬思いましたが(笑)、迷った末に7Rにしました。

展開が比較的見えやすく、南関が逃げて近畿と中部は中団、九州は捲りに構えるのではないかと。

最後方からでも届くような大捲りが決まっていた初日に対し、2日目は前々に攻めたラインが残ることが増えたように思いました。
よって人気の③北津留の捲りは不発と見て、中団から攻める近畿勢を本線とします。

逃げる④大石の番手から抜け出す①鈴木を絡めた1着2着折り返しから、3着は九州以外に流します。

出走表・投票はこちら → 岸和田3日目7R

 

 

関連記事

新着記事