ヘルプ
toreta+ チャージ

チャージする金額を選択してください

ちょコムクレジット支払いでちょコムeマネーのチャージを行い、ちょコムeマネーからtoreta+ にチャージを実行します。
VISA、MasterCardのクレジット決済は、NTTスマートトレード社が提供する安心・安全なちょコムクレジット支払いを採用しております。ちょコムクレジット支払いとは、クレジットを利用した簡単電子マネー決済です。
カード会社のご利用明細書には「ちょコム-DMM」と記載されます。

チャージ中・・・

通信に失敗しました
しばらく待ってから再度お試しください。

チャージが完了しました

アートで予想が冴え渡る!? 連載史上初の記録達成! 【取手競輪4】

2018/11/27 11:00

DMM競輪編集部

特集

share

前回のあらすじ

フェンスを挟んでバンクのすぐ目の前という、かつてない好立地の食堂で食欲全開! タンメン&モツ煮パワーで的中をいざ掴みとらんっ!

まずは命運をかけたレースを予想&車券購入!

前半戦ノーヒットで、軍資金はただ1人残された諭吉さん。
ちまちま賭けて最後まで生き残るより、こうなったら後半5レースの中から自信のある1レースにすべてを賭けます!!

8Rと9Rは荒れそうな雰囲気だけは感じられるのですが、肝心の車券が絞りきれず。準決勝3個レースはそれぞれ連軸が決まったので、その中から穴狙いの10Rでいざ勝負です!
もし当たったら、残りのレースで改めて勝負できますしね。



バック回数ダントツの②三好選手が軽快に逃げれば、その番手から抜け出す⑤岡田選手が展開的に有利。もし別線に叩かれる形になっても、その後ろを追走できれば、岡田選手の決め脚は人気の東北勢と遜色はないと見ました。

相手はラインの三好選手と⑥梶原選手、東北ラインの①泉選手と⑨高橋選手。あとは前残りの可能性を考えて③里見選手まで。

以上から購入した車券はコチラです!



「⑤-①②③⑨-①②③⑥⑨」の18点を500円ずつ。

5RまではDMM競輪で車券を購入していたのですが、見事にすっからかん。久しぶりにマークシートでのフォーメーション均等配分となりました。

あとは来るべき発走時刻を待つのみ!
1時間ちょっと時間がありますので、特観席と取手競輪名物の「アレ」を見に行くとしましょう。

類を見ないアーティスティックな競輪場

特観席はメインスタンドの3階と、3コーナー付近にある建物内の2階と3階にあります。

メインスタンド特観席は、ひと言でズバリ! すっごい広い!!





座席の後ろのロビーだけでこの広さですよ。

そして、座席からの眺めはこんな感じ。ちょうど第8Rのレース中です。



その第8Rが人気を集めたラインでワンツースリーを決めたのに、3連単が約3万円の払い出しでざわつく場内。



こんなに広いのに、みなさん右手のモニター前で大勢集まって見ているのはなんででしょうね?(笑) 「なんでラインの3連単ボックス買ってないかなー!?」って、その気持ち、よくわかります。

続いて、3コーナー付近にある第1特観席の2階はこんな感じ。



1席に1台モニターが設置されています。
そして3階は……



さすがは最上級の座席、通路も広々としています。
この日は差し込む日差しが強く、ちょうどレースの合間だったため、ブラインドが降りていました。こうした気遣いも嬉しいですね。

そして、お待ちかね。取手競輪名物の「アレ」とは……





このトリックアートです。
壁面に描いてある絵が、指定された位置からだとこのように飛び出して見えたり、立体的に見えたりするというもの。



通用口のドアに描いてあるものもあるのですが、ちょっと、バンクくん! 開くの逆、逆!
トリックアートは全部で9カ所あるそうですので、探して回るのも面白そうです。





そのほか、マスコットキャラのバンクのイラストや、茨城所属選手の似顔絵など、場内のさまざまな場所でイラストを目にすることができます。似顔絵はかなり特徴を捉えているので、ぜひ一度、全選手を見てみてください!



また、同じ取手市内にキャンパスがある東京藝術大学の協力のもと、場内にはアート作品を常設。自転車とアートのコラボイベント「サイクルアートフェスティバル」も毎年開催しています。

こういうことがあるから競輪は楽しい!!

……と、気づいたら、あああーーーーーーっ!!
場内散策に夢中になりすぎて、第10Rの発走時刻じゃないですか!

ひとまず近くのモニターに駆け寄り、写真を撮るのもすっかり忘れてレースの行方を見守ると……。

東北ラインが打鐘から先頭に立つ中、さらに外から私の本命⑤岡田選手を従えて②三好選手がカマすも不発。一本棒でレースは進み、最終3コーナー手前で後方の南関ラインが仕掛け、ひとかたまりで直線へ!

脚色の衰えない東北ラインの2人が逃げ切ったかに思えた瞬間、その間を割って鋭い伸びを見せたのは⑤岡田選手!!! 見事突き抜けて1着をもぎ取りました。

2着には⑨高橋選手、3着には①泉選手が入り、3連単は6590円と思った以上の高配当に!

正直、三好選手の仕掛けが不発に終わった時は、内心かなりキモを冷やしました。そこから立て直して4番手で追走した三好選手の踏ん張りに感謝! そして何より、4コーナーで内に進路を取った岡田選手が上手かった!

しかし、バンク旅史上最高と言っても過言ない車券だってのに、なんでレースを生で見てないですかねー。むしろそれが良かった!? ともあれ、的中は的中。改めて証拠をお見せしましょうか?



ほら、当たったんですよ! ほら!
60倍を超える払い戻し額よりも、会心の予想だったことが何よりも嬉しい!
レース展開は予想していたのとちょっと違いましたけどね。

ちなみに、気分を良くして、マイナスにならない程度に最終第12Rを買ったら、まさかのこの配当。



最後の最後でマジですか。はぁ〜、このレースにすべてを賭けなくてほんと良かった……。

こうして連載史上初のプラス収支で終えることのできた、今回のバンク旅。いかがだったでしょうか? 取手競輪場は「砦の森」と呼ばれるだけあって場内には緑も多いですし、何よりレースの観戦しやすさは個人的にかなりポイント高かったですねー。

こうなると今度はS級戦や大きなレース、例えば記念レースの「水戸黄門賞」とか見に来たくなります。食べてない食堂のメニューも残ってますし!

と、再来を胸に誓いつつ、「全国バンク旅」取手競輪編はここまで。 DMM競輪編集部の『やっと車券でいいとこ見せられた』編集Dでした!

取手競輪場アクセス情報

<電車でお越しの方>
JR常磐線取手駅西口より徒歩10分
<バスでお越しの方>
JR常磐線取手駅西口・つくばエクスプレス守谷駅より無料バスあり
▶︎詳しくはこちら!

関連記事