ヘルプ
toreta+ チャージ

チャージする金額を選択してください

ちょコムクレジット支払いでちょコムeマネーのチャージを行い、ちょコムeマネーからtoreta+ にチャージを実行します。
VISA、MasterCardのクレジット決済は、NTTスマートトレード社が提供する安心・安全なちょコムクレジット支払いを採用しております。ちょコムクレジット支払いとは、クレジットを利用した簡単電子マネー決済です。
カード会社のご利用明細書には「ちょコム-DMM」と記載されます。

チャージ中・・・

通信に失敗しました
しばらく待ってから再度お試しください。

チャージが完了しました

地元愛に波乱に外国人パワー! 競輪の醍醐味が詰まったラスト3レース!【富山競輪場4】

2020/02/07 20:00

DMM競輪編集部

特集

share

前回のあらすじ

おむすび美味い。西やんの展開予想の綿密さはヤバすぎる! そして、やっぱりおむすびも美味すぎる。

 

 

溢れんばかりの地元愛に応える好レース!

富山競輪場には1コーナー入り口あたりのスタンドに特別席があります。

地元選手応援席です。

地元選手が登場するレースの前になると、係の方がメガホンを配りながら応援をお願いして回ります。

いや~、これはきっと選手は嬉しいでしょうねぇ。と同時にプレッシャーにもなるのかもしれませんが…。

 

そんな中で迎えた第9R A級決勝には、地元富山からは④吉川起也選手が登場します。

もちろん中部は人気の中心。
⑧山崎選手を先頭に4車連結で、二段駆けを期待しての吉川選手アタマが売れているようです。

 

もちろん応援席の皆さんはヒートアップ! 係の方の掛け声を音頭に、吉川選手へと大きな声援を送ります。

こうなったら山崎選手はやることはひとつ! 気合の2周半先行を敢行!
一瞬分断されるような気配がありましたが、うまく立ち回って4車すべて出切れました。

あとは吉川選手がどこで仕掛けるかのみ!
最終ホームで⑨鷲田選手が中部ラインに襲い掛かりますが、それに合わせて吉川選手が発進します!!

①太田選手は鷲田選手に被されて後退し、代わって上がってきたのは③石口選手。

この3人で決まるかに思えましたが、最終3コーナー手前で単騎の②古川選手が一気の強襲!
最終ホームでは最後方にいたはずがいつの間に!?

最後は②④⑨3車のきわどい勝負となりましたが、④吉川選手が凌ぎ切って1着!
2着には②古川選手、3着⑨鷲田選手となりました。

吉川選手としてはラインで決められずに残念でしょうが、見応えある好レースでした。

 

メインスタンドから熱視線を送っていた西やんも満足げな表情。


やはり的中させてましたか。
よく見たら、上位入着の3選手だけを買っているあたりがさすがです。

次もこの調子でいきましょう!!

 

 

順当かに思えた第10Rでまさかの事態が…!?

続いての第10RはS級の特選。

得点上位の九州コンビ、②山田庸平選手⑨大坪功一選手が人気を集めています。

西やんに見解を聞こうとしましたが……あれ? もういない!?

早々に予想を終えて車券を買いに行っちゃったみたいです。

こうなったら仕方がない。⑨大坪選手のアタマ決め打ちで買うことにします。

 

レースは②山田選手が前受けから中団を確保。スローな流れで進み、打鐘から山田選手が一気に先頭へ。

後続からの仕掛けもほとんどなく、ほぼ一本棒のまま終盤を迎えます。

山田選手がそのまま危なげなく1着で入線。
マークの⑨大坪選手が2着で、3着には3番手にハマった①竹村選手が入りました。

 

大坪選手、届かず残念! と思っていたら…

「ピンポンパンポ~ン お知らせします。只今の競走は…」

え、審判放送!?
落車もなかったし、特に審議になるようなことはなかった気がしますけど?

「審議の対象は②番です」

しかも1着の山田選手が対象!?

万が一、失格になってしまうと⑨アタマで買っていた車券が復活!? 4着入線が誰だったか見てないよ!

 

ほどなくして審議の結果を知らせる放送が。

「1着入線の②番選手は失格とします」

どぅえええ~~~!?

「決定! 1着⑨番 2着①番 3着④番」

失格の理由は誘導妨害。
レース中は見逃していたのですが、撮影した写真を改めて確認したところ「確かに」というシーンがありました。

①竹村選手が上昇してきた際に、②山田選手が突っ張るそぶりを見せました。

その時に「最終周回前々回のバックストレッチライン到達前に、内圏線と外帯線の間を走行する先頭員と外帯線の間に入る」という、妨害行為を犯しちゃったんですね。

 

……で大変申し上げにくいのですが、⑨-①-④持ってるんですよ、ワタシ。

3連単の配当は、なんと47780円!
実はここまで1レースも当たってなかったのですが、取り返してお釣りが来るどころか、今日の勝ちが確定してしまいました。

レース後に合流した西やんに結果を聞いてみたところ、

「あかん、3着抜けたわ…」

と悔しさをにじませたお返事が。

……スミマセン! 夜はなんでもお好きなものをご馳走させていただきます!

 

 

生で見るとその速さはさらに圧倒的! 外国人連携!

さぁ、迎えるは最終第12R!

個人的にはだいぶ気楽ですが、最後はバシッと的中させて締めたい!

人気は断然外国人勢、③ボティシャー選手⑤パーキンス選手の2人。


ライン3番手も準決勝でパーキンス選手に付け切った⑦新田選手とあって、ライン決着の③-⑤-⑦は3連単で3.0倍と、9車立てでは異例なまでの人気を集めています。

これはちょっと買えないなぁ。
ということで、③-⑤からは別線を。あとは③アタマで手広く買うことにしました。

 

レースは⑨松坂選手の前受けから、⑤パーキンス選手は中団。
上がってきた別線に蓋をされる場面もありましたが、落ち着いていつも通りの後方7番手へ。

赤板過ぎから別線は波を作ってパーキンス選手の仕掛けを警戒しますが、打鐘で踏み込むと一気に前団を抜き去って、最終ホームでは先頭へ!
逃げる⑧鈴木選手のラインに捌かれてしまい、新田選手は追走できず。

最終バックでは外国人2人の一騎討ちの様相となり、最後はボティシャー選手がかわして1着。
焦点の3着争いは、逃げた鈴木選手が最後まで脚色劣えず粘り込み。

 

ラインストレートに人気が集中していたのもあり、3連単③-⑤-⑧は3番人気ながら1260円というまずまずの配当に。

おかげで良い感じで締めることができました。ありがとうボティシャー選手!

 

表彰式を待つ間、敢闘門でパーキンス選手と身振り手振りを交えながら、何やら話し込むボティシャー選手。


表彰式での深々したお辞儀と、ライちゃんを上回る巨躯がとても印象的でした。

 

こうして幕を閉じた富山競輪場でのバンク旅。

充実した気分で外に出ると、夕日を浴びた美しい立山連峰が見送ってくれていました。
いつかプライベートで記念開催を見に来たいなぁ。

 

 

オマケの後日談

後日、西やんの経営するちゃんこ屋「ちゃん唐」に、田村風起選手が来てくれました~!

せっかくなので、3ヶ月ぶりのレース復帰を祝してコチラ!

鯛の尾頭付きを用意していただきました!!!

ちなみに田村選手、お酒は強いし、めちゃくちゃ食べます

アスリートは食べることも仕事とよく聞きますが、まさかこれほどとは……。これがプロというものかと、唖然とさせられましたよ。

直後の開催では1着を獲得、その後出走したほぼすべての開催で確定板にのるなど、調子上向きの田村選手。
きっと「鯛効果」も一役を担ったのではないかと。

今後のご活躍も期待しております。今年こそはぜひ久しぶりの優勝を!

 

 

富山競輪場へのアクセス

【電車でお越しの方】

「富山ライトレール」富山駅北より乗車、競輪場前にて下車(所要時間約22分)徒歩1分

【お車でお越しの方】(※無料駐車場2159台分完備)

北陸自動車道 富山ICより約40分

富山空港より約40分

【無料送迎バス】(※本場開催・GⅠGⅡ開催のみ運行)

「氷見便」氷見魚市場発 8:40

「入善・黒部便」入善駅前発 8:40

詳細につきましては「ドリームスタジアムとやま」富山競輪場HPにてご確認ください。

 

関連記事